居宅介護住宅改修の対象となる工事

対象となる工事 内 容
1 手すりの取り付け 廊下、便所、浴室、玄関、玄関から道路までの通路等に転倒防止もしくは移動又は移乗動作に資するものとして設置するもの。
2 段差の解消 居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床の段差及び玄関から道路までの通路等の段差を解消するためのもの。敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げ等。
3 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更 居室においては畳敷きから板製床材、ビニール系床材等への変更、浴室においては床材の滑りにくいものへの変更、通路面においては滑りにくい舗装材への変更など
4 引き戸等への扉の取替え 開き戸を引き戸、折戸、アコーディオンカーテン等への取り替えるといった扉全体の取替えのほか、ドアノブの変更、戸車の設置等も含まれる。ただし、自動ドアの動力部分の費用は対象とならない。
5 洋式便器等への便器の取替え 和式便器を洋式便器に取り替える場合等。ただし、和式便器から暖房弁座、洗浄機能等が付加されている洋式便器への取替えは含まれるが、すでに洋式便器である場合のこれらの機能等の付加は含まれない。また、水洗化又は簡易水洗化の費用は対象とならない。
6 その他全各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修 1.手すり取付けのための下地補強
2.浴室の床の段差解消に伴う給排水設備工事
3.床材の変更のための下地の補修や根太の補強又は通路面の材料の変更のための路盤整備
4.扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事
5.便器の取替えに伴う給排水設備工事、床材の変更