在宅呼吸療法

在宅酸素療法
通称HOT(Home Oxygen Therapy)といい、自宅に酸素供給機を設置し、必要時あるいは24時間、酸素吸入をすることが在宅酸素療法で、慢性呼吸不全患者の生命予後の改善などに役立っております。また、家庭での酸素投与によって在宅療養や社会復帰を可能にし、費用については健康保険が適応されます。
在宅人工呼吸療法
特別な医療を必要としない患者さんに対して、在宅酸素療法と同じように、自宅で人工呼吸器を利用して療養する在宅人工呼吸療法といいます。「肺結核後遺症」などの肺疾患をはじめとして、「筋萎縮症(キンイシュクショウ)」などで呼吸不全を引き起こしている患者さんが対象となります。
在宅持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)
CPAP療法は、CPAP装置本体から、エアチューブ、鼻マスクを介して、予め設定した圧力(陽圧)を気道へ送り、気道を常に陽圧に保つことにより、気道の閉塞を取りのぞく治療法です。
在宅呼吸療法における資料をダウンロードいただけます。