介護予防サービス利用の流れ

要支援1、2と認定された方は、介護予防サービスをご利用できます。
生活機能を維持・向上させ、要介護状態になることを予防することに適したサービスです。

1.連絡・契約 要支援1、要支援2と認定された結果通知が届いたら、地域包括支援センターに連絡、相談をいます。
地域包括支援センターでは職員が重要事項について説明するので、同意したら契約を結びます。
2.話し合い 家族や地域包括支援センターの職員と今どのようなことで困っているのか、これからどのような生活を希望するのかなどについて話し合います。
3.介護予防 地域包括支援センターの職員といっしょに、具体的な目標や利用する介護予防サービスなどを定めた介護予防ケアプランを作ります。
4.サービスの利用開始 介護予防ケアプランにもとづいてサービスを利用します。
利用したサービス費用の1割を支払います。
5.評価・見直し 地域包括支援センターは、一定期間後に介護予防ケアプランで設定された目標がたっせいされたかどうかを評価します。
評価の結果、介護予防ケアプランの見直しが必要な場合は、より利用者にあった介護予防ケアプランに作り直します。