LPガスの流通価格の基準(フォーミュラー)の変更について

弊社取引先よりLPガスの流通価格の基準の変更について、現在のCP(サウジアラムコが毎月決定する指標価格)に基づいた仕切り価格体系からモントベルビュー市況(米テキサス州で取引されているLPGの価格で、国際市場においても米国産LPGの指標価格として扱われている)価格を流通価格の基準に取り入れる仕切り価格体系へ変更するとの通知を受け10月より弊社でも変更することになりました。

今までのサウジアラビアラムコCP価格が75%、モントベルビュー(MB)価格+米国物流費が25%の割合で取引価格が決まります。また、フレートについても中東のフレートが75%、米国のフレート(中東のフレートの1.5倍)が25%とという取り決めになりました。いずれにしてもLPガスの安定供給のためにとられる取決めですのでご理解をお願いいたします。